You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョットだけ役に立つ豆知識③

 今回豆知識って言うよりもバラセルバッテリーを組む時にあると大変便利な道具を紹介です。

 まずは「ディーンズ製のバッテリー組み立て時具」です。シャンテストッパーが付いていて半田付けが容易に出来ます。私はこれを使用しだしてからバッテリーを組むのが楽しくなりました。ただ現在では手に入り難いようです。(生産中止?)ヨコモからも似たような商品が発売されているので、こちらをオススメします。ちなみにお値段は¥2000ぐらいだったと思います。

D1010010.jpg


 でシャンテ付けが終わったら今度はL字の端子付けですが、こんな時便利なのはコーセーから出てるこの字具です。L字バーをこの字具に固定すればOK.マグネットでセルにピッタンコしますので、これまた楽に半田付けできます。マッチモアからも同等な商品が出てると思います。
ちなみにお値段は少し高く¥2800ぐらいだったと思います。

D1010011.jpg



UBの一言 3PKS2.4G欲しい・・・・何時出るの??

チョットだけ役に立つ豆知識②

 世間様は盆休みみたいですが、私には関係ありません・・。しかも再来週に企てていた谷田部遠征練習はコース改修のためオジャンになるし・・・・(涙)

 で今回の豆知識はこの夏の加西タイヤ編です。と言っても、皆さんほど走りこんでませんのであしからず。(レース+練習1回のみ)


①LOSIテーパーピン・・・大本命です。

②パンサー型番忘れた・・・・今何かと話題のぱんさ~です。昨年の秋ぐちにテストした感じでは????でしたが、ソフトコンパウンドが昼間に使えます。夕方は厳しいかも?レッドより高温向けかな?

走りこめてないので、こんな感じです。他ではイビルツインとかインサイドジョブM3が良いって話もききます。
 

チョットだけ役にたつ豆知識①

 この間のプラトピア湾岸サーキット参戦時に見てきた豆知識を紹介します。湾岸サーキットのようなマサ土路面ではヨコモ32Y、37Yとか京商Hピン等の幅の狭いリアタイヤを使用します。 
 しかし現状ではB4,ロッシ用の幅の狭いリアホイルは非常に手に入り難い状況です。(京商、タミヤユーザーは簡単にナローホイルが手に入るので何の問題もないのですが・・・)

 で、幅狭タイヤをB4,ロッシで使用する場合なんですが、直径自体は2.2インチで問題ないので現行ホイル(ワイドホイル)の内側のリムにタイヤをはめずにその内側にタイヤを接着すればOKです。ちょっとリムが飛び出してカッコ悪いって方はカットすれば問題ないと思います。逆の事は昔、リムを接着してフロントホイルでやった事がありましたね・・。ぜんぜん気づきませんでした。

 
 D1010005.jpg

« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。