You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣のまし~ん其の7 RC10B4

 ワークスドライバーの様な制約の無いプライベーターのマシーンはお気に入りの物やフトコロ具合で様々なエキイップメントが使用されており、そこに工夫があったりして面白みがあります。
 そこで今回はトレスレイオフロードレース・ラウンド4を並居る強豪の中、見事優勝をかざったチャンピオン電気屋3さんのRC10B4を紹介します。その前に電気屋3さんを少し紹介しますと、彼はGOJOをホームコースとし、その人柄から面倒見もよく、皆から慕われているいわゆるサーキットの主的存在です。またお金は使わないのがポリシーだそうです。そんな彼の車はいかに!!
DVC00047.jpg
俗称「竜宮城カラー」と呼ばれる、青ベースのカッコいいボディーはインターセプター。自分で塗装されてます。流行のフォワードキャビンなんて見向きもせず、ずっと使われています。

DVC00048.jpg
プロポは中古で売ってもらった4PK、サーボはロープロサーボの先駆け的存在のフタバS9550(かなり古いです)、ESCはLRPのSPXストックスペックで共にツーリングカーからの移植品だそうです。またバッテリーは2駆用、4駆用で各1本ずつしか持っていないそうです。1年ぶりの新しいバッテリーを当日、おろされておりました。
???なんか変な位置に受信機が載ってますね。今回、紹介したかったポイントがココです。
DVC00049.jpg
アップしてみましょう。まるでツーリングカーの様なメカ積みですね。コレはESCの配線をツーリングカー搭載時に短くしていた事で、B4に載せた時に届かず苦肉の策で受信機がこの位置にきている様です。受信機が本来、搭載される位置には左右バランスを考慮したウエイトが載せられております。ちなみに受信機のアンテナは両面テープで固定されてます。
DVC00050.jpg
ロープロサーボは出力軸が、通常タイプのサーボに比べ向かって左側にオフセットされている為、サーボリンケージはスペーサーがかまされ伸ばされてますね。ロープロサーボを載せようとしている方には参考になりますね。
DVC00051.jpg
モーターはLRPのX12の8.5Tでした。こちらは詳しい事はお聞きしておりません。

 お金を使わないで、有る物で楽しむ良い見本かと思います。私も見習わなければなりませんね。見せてくださいました電気屋3さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。