You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣のまし~ん其の6 X-6

本日はトレスレイレースの時に見せていただいた宇津木選手のX-6を紹介します。

DVC00039.jpg

写真には無いですがボディーはギャラクシー、あざらしスプレンドウイングでした。
このウイングは頑丈で私も使用します。ダンパーはHBですね。メカはサンワ製で
ESC、モーターはサポートを受けるスピードパッション製ですね。

モーターはコンペティション3の9.5Tですが、そのままだと少しパワー不足になるので
ローターをφ12.5(赤)に変更して進角はフル、ESCの電気進角も大きく設定している
そうです。またピニオンは26枚!!私もほぼ同仕様で使用しておりますが、なかなか扱い
やすくて良いフィーリングですよ。
ローターは標準では私が持っているのはφ12.3(紫)です。ひょっとしたら現行品は
仕様変更されるかもしれません。確証は無いですが・・・・

余談になりますがコンペ3ですがローターの種類が豊富で、好みのフィーリングのモーター
に仕上げる事が出来ますね。またスペアーパーツが豊富な所も見逃せませんね。

見せてくださいました宇津木選手ありがとうございました。

スポンサーサイト
スポンサーサイト

JR製 DS6325HVサーボ

すっかりインプレッションを書くのを忘れてましたが
GOJOオーナー様のご好意でJR・DS6325HVサーボをお借りして
テストできたましので、報告させて頂きます。

特筆すべき点はまず
ニュートラルが完璧にでるです。
さすが空物で培った技術はすばらしく、ハンドルをニュートラルに戻した際に
完璧に戻ってくる事は、高い精度で車をまっすぐ走らせる事が可能ですし、素早い
コーナーからの加速に繋がります。
スピードとかトルク以前にニュートラルの出ないサーボはお話になりません。
この感じは今まで使用したサーボの中でもピカイチですね。12でJRサーボユーザーが
多いのは、こういった理由からではないでしょうか?うなずけます。

またテストは6Vで行いましたがスピード、トルクともに文句なしですね。
特にトルクは、トルクで地面を捉え曲がってると感じる場面もありました。
ただ、トルクが強すぎて扱い難いと感じる場面もあるかもしれませんね。

総じて、好感触でJRのファンになってしまいました。
機会あればまた、長期間使ってみたいですね。またオーナーよろしくね。

DVC00034.jpg

スピードパッションGT2.0プログラム設定その2

2駆での設定です。

1.走行モード ・・・ 前進/ブレーキ
2.ドラッグブレーキ ・・・ 15%
3.電圧カット設定 ・・・ 3.2V
4.スタートモード ・・・ Level3
5.最大ブレーキ出力 ・・・ 100%
6.最大リバース出力 ・・・ 25%
7.イニシャルブレーキ ・・・ =ドラッグブレーキ
8.ニュートラルレンジ ・・・ 6%
9.タイミング(電気進角)・・・0°
10.ヒートプロテクト ・・・ ノンプロテクション

 レース時はモーターにオリオン8.5T使用してました。項目9が0°なのは
以前、値を大きくした時に違和感(スロット操作に反応が無い時がある)
があった為ですが、今回4駆で利かせた時に特に違和感を感じなかったので
現在は利かせてテスト中です。
 GT2.0(フレタ)は他社製のESCに比べ、滑らか、スムーズなフィーリング
が特徴です。好みによっては、もう少しピックアップが欲しい時があります。
と言うわけで、私はオールスターレース時に三瓶選手から教えてもらった
「マッチモア SP-D スーパーパワーアップキャパシター タイプD」
2駆では使用しています。これにより、かなり好みのフィーリングに近づく事が
出来ました。

DVC00042.jpg

スピードパッションGT2.0プログラム設定

22が欲しい・・・だすてぃんのふぁんになってしまった

さて今日は思考錯誤中のスピパGT2.0のトレスレイレース時のプログラムを
アップしたいと思います。(ちなみに2駆はOEM品のマッチモア・フレタ3.0ですが・・・)

まずは4駆から

1.走行モード ・・・ 前進/ブレーキ
2.ドラッグブレーキ ・・・ 10%
3.電圧カット設定 ・・・ 3.2V
4.スタートモード ・・・ Level9
5.最大ブレーキ出力 ・・・ 100%
6.最大リバース出力 ・・・ 25%
7.イニシャルブレーキ ・・・ =ドラッグブレーキ
8.ニュートラルレンジ ・・・ 6%
9.タイミング(電気進角)・・・26.25°
10.ヒートプロテクト ・・・ ノンプロテクション

 レース時は2連テーブル対策にて項目4、9をMAX値に。さすがにバッテリーが無くなるまで
走らすと発熱も大きいですが、レース時間の5分なら問題ありません。
 使用するモーターにもよりますが通常は項目4はLevel7、項目9は15.0°ぐらい
が良いと思います。
 項目2は10~15%の間で調整してます。車を転がしたい時は項目2を0%にします。
またブレーキ出力は効き過ぎでしたので次回、下げてみたいと思います。


続く

隣のまし~ん其の5 B・MAX4,B4.1

 さてGOJOで開催されたトレスレイレース時に鶴田絢史選手の車を見させていただいたので
紹介します。

DVC00041.jpg

まずはRC10B4.1からですね。ボディーはJCパニッシャー。メカはフタバにノスラムのESCですね。
サーボは薄いタイプを使用されてました。モーターはヨコモZERO・Rの8.5Tでギア比は
25/78で使用されているそうです。
 予断になりますがこのモーター、前日にとみぃ~さんからお借りする機会があり使用しましたが転がり感が
私のフィーリングにあっていました。かなり欲しい品物ですね。

DVC00040.jpg

B・MAX4もフタバのメカですね。サーボは通常の物ですね。モーターはこの時は2連テーブルに対応
する為にノスラムX12の7.5T(Φ12.5)でしたが通常はX12オクタワインドの8.5Tを
使われるみたいです。ちなみにオクタワインドは通常品に比べ回転型になるそうです。

車を見せてくださいました鶴田選手ありがとうございました。

アルティマRB5SP2セッティングシート(23.2.13)

ワールドデビューはちょっと恥ずかしいです・・・
動画みてたら、カッコ良く飛んでいるつもりだった2連テーブルカッコ悪かった・・・
右奥のテーブル遅いし・・・自分の未熟さが良く分かりますね。
もっともっと練習します。

と言うわけでトレスレイレース決勝時のRB5のセッティングです。
ダンパー立てたり、イロイロ迷走してましたがこのセットは良く走りました。
でも人間がダメダメちゃんでした。

サーキット : RCパークGOJO
路面    : ミドルグリップ
レース結果 : 予選6位 決勝8位??

<フロント>
ダンパー位置(ステー/アーム)…内/外
アッパーアーム位置(ハブ/シャーシ)…内/真ん中
アッパーアームシム…0ミリ
スピンドル位置…上
トレッドスペーサー…内
アッカーマンスペーサー…0ミリ
キャスター…25゜ 
サスブロックシム…0.5ミリ
キャンバー…-1.5°
車高…23ミリ
トー角…0
スプリング…ピンク
オイル…LOSI♯30
ピストン…5穴
ダンパー長…20.5ミリ (リミッター外0.5ミリ)エンドロング
タイヤ…ボブキャットクレイ

<リヤ>
ダンパー位置(ステー/アーム)…真中/内
アッパーアーム位置(ハブ/シャーシ)…外から2番目(アルミハブ)/内
アッパーアームシム(ハブ/シャーシ)…2ミリ/1ミリ
キャンバー…-2.0°
トー角…3.0゜
車高…23ミリ
アップライト位置・・・真中
スプリング…ホワイト
オイル…LOSI♯25
ピストン…5穴
ダンパー長…28.0ミリ(リミッター外2ミリ)
タイヤ…スイッチ2.0クレイ
リアアームホルダー…樹脂製ワイド

モーター…オリオン8.5T
ピニオン/スパー…24/78
バッテリー…アトランティス3500
バッテリー位置…前
ESC…マッチモア・フレタ3.0
ボディ…トライデント
ウイング…京商ステップM
その他…フロントバルクAJ製アルミ、リアアルミハブ0度


足が良く動きますのでラフな操作は禁物です。
路面が重いときはJCイリュージョン使用。前回のレポは間違いでイリュージョンの方が軽いです。
オイルはもう少し硬くて良いかも?

次回テストメモ
バッテリープレートをカーボンでネジ止めでシャーシ剛性UP
ぶるどっく

DEX410セッティングシート(11・2・13 GOJO)

 コメント欄やメールでの皆様の祝いありがとうございます。そんなこんなでDEX410の
決勝時のセットです。結構特殊セットな気がしなくもないですが・・・

サーキット : RCパークGOJO
路面    : ミドルグリップ
レース結果 : 予選6位 決勝3位

<フロント>
ダンパー位置(ステー/アーム)…真ん中/外
アッパーアーム位置(ハブ/シャーシ)…外/外・一番下
アッパーアームシム…3ミリ
スピンドル位置…上1ミリ・下3ミリ
アッカーマン…前
キャスター…標準 
キャンバー…-3.0°
車高…17ミリ
トー角…0
スプリング…ダークブルー
スタビライザー…無し
オイル…LOSI♯30
ピストン…1.3ミリ2穴
ダンパー長…26ミリ
デフオイル…#3000
タイヤ…ボブキャットクレイ

<リヤ>
ダンパー位置(ステー/アーム)…外/真ん中
アッパーアーム位置(ハブ/シャーシ)…真ん中/外・一番下
リアスキッド…標準
キャンバー…-3.0°
トー角…3.0゜
車高…18ミリ
アップライト位置・・・前3ミリシム
スプリング…ピンク
スタビライザー…無し
オイル…LOSI♯25
ピストン…1.4ミリ2穴
ダンパー長…33ミリ
デフオイル…#1000
タイヤ…スイッチ2.0クレイ


モーター…LRPX12・7.5T(12.5ミリ)
ピニオン/スパー…24枚
バッテリー…ヨコモ 4600・35C
ESC…スピードパッションGT2.0PRO
ボディ…ガイナブル
ウイング…ガイナブル標準

その他…ダンパーはノーマルです。バッテリー後に計30gのオモリを載せてます。
モーターは飛べない私を見かねてM井さんが貸してくださいました。ありがとうございました。 
 普段4駆をまったくしない上にセットの方向性が分からなく、バッテリーも1本しか無いので
なかなかセットが進めれなかったのですが、リアスプリングを柔らかくしたら多少良くなった事から
ロールさせると言う方向性が定まりました。また操縦台前の2連テーブル一発越えは前週までは
全然飛べませんでしたが、ESCの設定をカツカツにして、スリッパーを基準位置から更に1回転
(シャフト頭からナットまで約9㎜)閉めこんだ結果、飛べるようになりました。インフィールドが
遅いのでテーブルを飛ばなければAメイン入りは不可能でしたので、成功率9割以上で自信があったので
レース中は迷い無く飛ぶ事に決定しました。
 またレース日も朝からなんか、デフオイルを交換したくなり練習走行1回目をキャンセルしてみたり
1ラウンドをリタイヤして後が無いのにリアアッパーアームを短くしたりとバタバタしてました。




とれすれい・らうんど4

            DVC00037.jpg

 TRESREYオフロードレースラウンド4に参加された皆様、トレスレイ様、GOJOスタッフ一同様
お疲れさまでした。楽しい一日をありがとうございました。
 と言うわけでレースに参加してきました。フリガナ記入が参加記念ステッカーのデーターになると
言う事でしたので「UMIBOZU」と打ち込んでエントリーしていたら見事狙い通りでした

 居てもたっても居られなくなったので、前日から泊まりでGOJOに乗り込みました。
前日練習日はこれまでにないハイグリップ路面でした。この日は妄想セットを思いついたRB5を中心に
あんまり走りこめて無いDEX410のセットを両車ともにロールさせ曲げる方向でセットをすすめて
行きました。またDEX410はESCの設定カツカツでスリッパーを閉めこんで、操縦台手前2連
テーブルトップの一発越えがこの日、初めて飛べるようになりました。
レース当日は6時30分に会場入り。すでに大勢の参加選手が集まってました。練習走行は各クラスともに
3組に分けられての走行でした。混雑する事もなく良い方法だと思いました。
 路面グリップは朝からハイグリップでしたが、2回目の練習走行時には、少し乾いてきてましたので
後はどんどん落ちていくだろうと思ったため(この辺は地元の利ですね)、RB5に関してはレースに向け
これ以上ロールを増やす方向にはしない事に。逆にDEX410に関しては、超が付くほどインフィールドが
遅い為、キャンバーを増やしたり、Rアッパーアームを短くしたり、ギャンブルセットが始まります。

予選1回目
2駆・・・1回操縦台前テーブルで転倒したもの、ペースは悪くなく17周に届きそうでしたがバック
マーカーの処理に手こずり、16周のフラット止まり。(総合4位)
4駆・・・スタート直後から手前テーブル越えをし快調でしたが、途中でテーブル越え失敗。斜面に刺さり
その1周後、モーターづれでリタイヤ

昼はGOJO様からのカレーをご馳走になりました。ありがとうございました。

予選2回目
2駆・・・なんだか、グダグダ・・・・当然タイムアップなし。(総合6位)
4駆・・・後がないのでプレッシャーは相当かかり、緊張感もピークに達し、1周目はテーブル越えは
辞めようかと思ったのですが、スタート直後、飛べるラインにのれたので躊躇なくジャンプ。その後、
1回テーブル越え失敗で転倒しますが、無難にまとめ17周の3秒でした。(総合6位)

決勝
2駆・・・路面が軽くなる事をよみ、ダンパー取り付けを元にもどしたり、ボディをトライデントに
変更したりしました。スタート前練習では良い感じでしたがスタート直後のグダグダを避けるのを失敗し、
最後尾に転落。SHOさん、ツルケンさんとバトルを楽しみ、ガメ店さんを追いかけますが追いつかずジエンド。
多分8位ぐらいだったと思います。
4駆・・・スタート直後のグダグダに巻き込まれず、上手い事前にでれ3位まで上がりました。M井さん、
ツルケンさんとのバトルに負け、一度は5位まで落ちますが、ミスに乗じて3位に。その後は背後に迫り
寄る、ツルケンさんのプレッシャーを感じながらも、手前テーブルを飛べるアドバンテージが有る事
から心に余裕が少しありましたので、マイペースで走りました。気が付けば、単独走行になり更に4駆で
苦手だった、左奥のテーブルも後半には合いだして余裕が出来ました。そして逃げ切り嬉しい3位表彰台
をGET出来ました。3位だけれどもゴール後はちょっとだけ目頭が熱くなりました。
ホントは優勝したかったけど、今の実力はこんなもんです。更なる精進を心に誓いました。
と言うわけでかなり、本気モードで4駆をやる決心がついた、うみぼうずでした。

抽選会
最後の6人まで残りますが・・・・ないすけーぶる(くろ)でした・・・・
ESC(赤)欲しかったです。

   

       DVC00038_20110215164643.jpg
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。