You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UBのこんなん買いました 其の8

D1010027.jpg


 もう5年選手になるgoot製の48Wの半田ゴテがコテ先を換えても駄目になってきたので思い切って高級半田ゴテを買おうと悩む事、3ヶ月。「ENGINEERのSKZ-01」を買っちゃいました。あまり大きな声では言えませんが某RCメーカーさんから販売されている同等品と比べ、かなりお買い得プライスで購入できました。(○天です)ついでに5Cタイプのコテ先も同時購入しておきました。

 早速、使ってみましたが、電源投入から使えるようになるまでの時間が短い!!本当に嘘かと思うほど早かったです。これなら、こまめ電源きって、電気代の節約に努めれます。ちょっと高いのでなかなかお勧めできる品じゃないですけど。物はホントに良いですよ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト

08加西新春特別レース参戦レポ

 昨日書いたレポがすべて消えてしまた・・・。気を取り直して・・・手抜きで書きます。

 今回、朝から逆周りになり、かつてないハイグリップ路面、コントロールタイヤで限りなくイコールコンディションに近づいたように思いました。結果的にはフロントタイヤのチョイスが重要なポイントとなったように思います。

(1ラウンド目)
 フロントタイヤに前回の練習時に良かったテーパーピンク(2駆用)をチョイス。って言うかこれしかありません。曲がりません。前回はいい感じだったんだけどな・・・遅いペースでたんたんと走りますが、終盤で3コケ・・・。総合10位

(2ラウンド目)
 車を曲げない事にはお話にならないので、バッテリーを前に。フロントタイヤはB-ちゃんからTF510を強奪しようと試みるもの失敗。しょげていると天使M井様が貸してくれました。車は曲がるようになり13周ペースで周回するも、終盤でストレートで1コケ。もう少し丁寧にステアリング切れよ・・・おれ・・・コレは永遠の課題かも?結局13周には届かず総合4位。

(3ラウンド目)
 セットはそのままに気合のみで出走。路面が変化した為か、2ラウンドより車がまがるようになりベストも23秒台にやっと入ります。13周をクリアーするもの、5位。

(決勝)
 いきなりフロント勝ちのバランスになってしまった為、急遽、リアウイングをゴクラクストレートに変更。スタートは上手く決まり3位に浮上するも・・・フロント勝ちのバランスの成果、コーナーをクリアーしたつもりで目線は次に行っているのに、インに突き刺さりスタックしている現象に数回悩まされ、7位まで転落。その後、車の特性にもなれペースを上げていきますが、結局予選と同じ5位でレース終了。しかし不思議な感覚でした。

(その他)
 今回、話題の5×4のシルバーブラシを13T(4ミリコア)ZERO缶+ORION4200SHOで使用してみました。4ミリコアの特性と思われる「転がる」感じで、適度なパワーで扱いやすかったように思います。(Sさんはパワフルに見えてたとおしゃってました)また、1日(計5パック)をノーメンテでパワーダウンすることもなく乗り切れました。私の荒いスロットルワークではノーマルのブラシの場合2パックでコミュが焼け焼けになっちゃうんですけど・・・。
 

’08加西新春特別レース参戦してきました

 加西新春特別レースに参加された皆さん、お疲れ様でした。あんなハイグリップ路面は初めてではないでしょうか?フロントタイヤ戦争になっちゃいましたけど(M井さん51ありがとうございました!!)、リアのコントロールタイヤのおかげで楽しめましたね。ほぼ100%に近い装着率だったのではないでしょうか?今後とも続けていきたいものです。
 
 先週、ぶー様より譲っていただいたB4で今回から、早速参戦。約1年半ぶりのB4となります。ぶー様のセットが良かった為、気持ちよく走ることができました。セットの方は基本的にぶー様セットでリアのハブを0度に戻し、ダンパーを標準位置にしたくらいです。あとボディーはJCのハイフローを使用し、リアウイングは路面に合わせJCのラウンド6インチを組み合わせました。くわしくは「ぶーちゃんライス」のセッティングシートを参照ください。

レースレポはリザルトが届きしだい書きます。

?????

もうバレバレですが・・・
ポリシーはありません。


D1010025.jpg

UBのこんなん買いました⑦

D1010023.jpg


 昨年あたりから、RCサーキットでバッテリー爆発事故が多発しているようです。イ★テ★クト製のバッテリーが主のようですが・・・。不良品を平気で作ってるメーカーが信じられません。某ショップ主催のレースではイン○レ製のバッテリーは使用禁止になったとか。JMRCAも認可取り消しにするとか対応しないとまずいのでは。某モーターは認可取り消しにした事もあるんだし。怪我人が出てからでは遅いのですよ。まあ大人の事情もあるのでしょうけど。(これは多いにあると個人的には思ってます。)

 イ○テレは危ないって事で、私の主力は昨年の後半からはFM製に変わってますが、新たにバッテリーを購入するのに物色してたところ耐久性も考慮されて作られてと言うORION4200SHOが新しくリリースされてので購入してみました。

 さっそく、愛車のRB5に搭載して年明けより計2回ほどテストしてみました。FM4300Rと比較してみましたが、パンチは少し無いように感じました。でもバギーには十分って感じですね。ツーリングあんらFM4300R使うかも?耐久性はまだなんとも言いようがありせん。数ヶ月使った後に報告しますね。

 話は変わりますがJMツーリングのスポーツクラス(間違ってる方が多いですがスポーツマンではありませんよ)のレギュが5セル5分になりましたね。ちょっとやてみたいような・・・
 

T&T加西コントロールタイヤのお話

遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

来週に開催される加西T&Tオフロードレースのコントロールタイヤがリアのみ PLのホールショットR3に決定しました。なおフロントタイヤ、インナーは自由です。

コントロールタイヤの趣旨は以下の通りです。

以下RCMX・T2Kコラムからの転載です。

T&T加西常連の皆さんのBLOGでも紹介されている通り、レースでのコントロールタイヤの導入を、選手の皆さんと相談させていただいています。コントロールタイヤのメリットは、お判りかと思いますが、おおまかに言いますと、以下のような感じになります。

・タイヤの種類を沢山用意する必要がなくなり、レースに参加するコストが大幅に削減できる。(現状、数十種類のタイヤを事前に用意していないと、戦えない状況)
・「当たりタイヤ」を探すことの労力が必要なくなる。
・タイヤに頼らない、シャーシ側のセッティング能力が身に付くようになる。

いろいろと意見をいただき、検討してみましたが、主催者の方に、コントロールタイヤの導入をお願いすることは、少々難しいと思いました。理由は…

・年中同じタイヤで出来るなら問題ないが、現状のT&T加西の路面状況では難しい。
・あまりにもグリップしないタイヤ、摩耗が激しいタイヤがコントロールされてしまうと、レースが面白くなくなる可能性があったり、逆にコストが増大する可能性が出て来てしまう。
・レース毎、もしくは数レース毎にコントロールタイヤを告知いただくこと、コントロールタイヤの種類を、季節、路面状況によって判断していただくことをお願いするのは、現状ではちょっと難しいと思われる。

そこで、妥協案として、選手間の「申し合わせ」という形でのコントロールタイヤの導入を検討するに至りました。

注:主催者側での規定では無く、選手間の「申し合わせ」というスタイルですので、強制力はありません。ですので、賛同いただけない方は、無視していただいて結構です。もちろん、使用タイヤのチェックも行いません。

現在検討中のタイヤの選定、告知方法は以下の通りです。

・タイヤの選定は、事前練習でチェックして、私(T2K)が行う。(出来るだけ、普通用意しているタイヤでチョイス予定)
・選定したタイヤは、レースの前の週の日曜日の夜にT2K Columnで発表。(1月のレースの場合、今日の夜になります)
http://www.rcmx.net/modules/wordpress
・とりあえず、リアタイヤのみ。インナー自由で。

現状、私が直接確認した選手で、7~8名の方の賛同をいただいておりますので、このメンバーだけでも、1月13日のレースで、試験的に実施する予定です。

・賛同いただいた選手の皆さんで、BLOGをお持ちの方は、この記事を転載いただき、告知にご協力いただければ幸いです。また、ネット環境が無い参加選手の方もおられると思いますので、連絡していただければ助かります。よろしくお願いいたします。
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。