You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュランゴ DEX410 TIPS

トレスレイレース以降、私の周りにユーザーが増えつつあるDEX410ですが、簡単にですがTIPS・セットアップを紹介したいと思いますね。

①ダンパー
 トレスレイさんのホームページにアップされてます宇津木選手の最新版をベースにしています。ただし、セットアップシートはダンパーがMOSコートのダンパーになってます。ノーマルのダンパーを使用されている方はダンパーピストン穴を前は1.3mm、後は1.4㎜に開け直します。HBダンパーの場合は前2番、後3番のピストンを使用すると良いでしょう。これで大体、セットアップシートと同じ番手のオイルが使用出来ると思います。
 スプリングは、前はダークブルー(標準品)、後はブライトレッド(OP)がベースとなります。車をマイルドにしたい場合、タミヤ501用スプリングで前はブルー、後はレッドを使用するといい感じになります。

②デフオイル
 かなり以前にトレスレイさんのブログ(2009・9頃)で紹介されてますが、オイルの量は重量管理するのがポイントですね。私は小型の重量計を購入しました。安物でOKです。リングギア側、ベアリング無しの状態で19.4gがデフォルトになってます。前は5000か7000番、後は3000か2000番あたりで使用しています。

③ボディ
 標準品はピーキーな動きを見せます。それに対してガイナブルは安定感があるように感じます。ボディが変わるとセットも大きく変わります。

④フロントホイル
 他社から出ているホイルとDEX410標準ホイルはオフセットが違うので注意が必要です。他社製ホイル使用時はHB製のホイルハブとフロント用クラウンチスペーサーを2枚を使い、オフセットを合わせます。(トレスレイさんのブログ2009・9頃を参照してください)

⑤スリッパー
 標準位置だとすべるので更に1回転ほど締め込みがデフォルトになってます。

⑥モーターの固定
 モーター固定用のビスはキット付属は2㎜頭のナベビスですが、これだと締め込みは不可能に近いです。もっとも重要なポイントです。2.5㎜頭のキャップビス(3×8)に交換し、2.5㎜のボールポイントドライバーで締め込みます。そして最後にLレンチの先が短い物(私は家に有った物を加工しました)を使用して増し締めします。Lレンチで増し締めしなかった場合、モーターがズレ易くなり、スパーギアがなめてしまいます。何枚スパーをなめさせた事か分かりません。

⑦普段の個人的なセットアップポイント
 ステアリングプレートにアッカーマンの位置、前ダンパーの角度の2点で調整します。

あまり走らせてない私が書くのも何なんですが参考程度に。

かしこ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト

スピードパッションGT2.0プログラム設定

22が欲しい・・・だすてぃんのふぁんになってしまった

さて今日は思考錯誤中のスピパGT2.0のトレスレイレース時のプログラムを
アップしたいと思います。(ちなみに2駆はOEM品のマッチモア・フレタ3.0ですが・・・)

まずは4駆から

1.走行モード ・・・ 前進/ブレーキ
2.ドラッグブレーキ ・・・ 10%
3.電圧カット設定 ・・・ 3.2V
4.スタートモード ・・・ Level9
5.最大ブレーキ出力 ・・・ 100%
6.最大リバース出力 ・・・ 25%
7.イニシャルブレーキ ・・・ =ドラッグブレーキ
8.ニュートラルレンジ ・・・ 6%
9.タイミング(電気進角)・・・26.25°
10.ヒートプロテクト ・・・ ノンプロテクション

 レース時は2連テーブル対策にて項目4、9をMAX値に。さすがにバッテリーが無くなるまで
走らすと発熱も大きいですが、レース時間の5分なら問題ありません。
 使用するモーターにもよりますが通常は項目4はLevel7、項目9は15.0°ぐらい
が良いと思います。
 項目2は10~15%の間で調整してます。車を転がしたい時は項目2を0%にします。
またブレーキ出力は効き過ぎでしたので次回、下げてみたいと思います。


続く

DEX410セッティングシート(11・2・13 GOJO)

 コメント欄やメールでの皆様の祝いありがとうございます。そんなこんなでDEX410の
決勝時のセットです。結構特殊セットな気がしなくもないですが・・・

サーキット : RCパークGOJO
路面    : ミドルグリップ
レース結果 : 予選6位 決勝3位

<フロント>
ダンパー位置(ステー/アーム)…真ん中/外
アッパーアーム位置(ハブ/シャーシ)…外/外・一番下
アッパーアームシム…3ミリ
スピンドル位置…上1ミリ・下3ミリ
アッカーマン…前
キャスター…標準 
キャンバー…-3.0°
車高…17ミリ
トー角…0
スプリング…ダークブルー
スタビライザー…無し
オイル…LOSI♯30
ピストン…1.3ミリ2穴
ダンパー長…26ミリ
デフオイル…#3000
タイヤ…ボブキャットクレイ

<リヤ>
ダンパー位置(ステー/アーム)…外/真ん中
アッパーアーム位置(ハブ/シャーシ)…真ん中/外・一番下
リアスキッド…標準
キャンバー…-3.0°
トー角…3.0゜
車高…18ミリ
アップライト位置・・・前3ミリシム
スプリング…ピンク
スタビライザー…無し
オイル…LOSI♯25
ピストン…1.4ミリ2穴
ダンパー長…33ミリ
デフオイル…#1000
タイヤ…スイッチ2.0クレイ


モーター…LRPX12・7.5T(12.5ミリ)
ピニオン/スパー…24枚
バッテリー…ヨコモ 4600・35C
ESC…スピードパッションGT2.0PRO
ボディ…ガイナブル
ウイング…ガイナブル標準

その他…ダンパーはノーマルです。バッテリー後に計30gのオモリを載せてます。
モーターは飛べない私を見かねてM井さんが貸してくださいました。ありがとうございました。 
 普段4駆をまったくしない上にセットの方向性が分からなく、バッテリーも1本しか無いので
なかなかセットが進めれなかったのですが、リアスプリングを柔らかくしたら多少良くなった事から
ロールさせると言う方向性が定まりました。また操縦台前の2連テーブル一発越えは前週までは
全然飛べませんでしたが、ESCの設定をカツカツにして、スリッパーを基準位置から更に1回転
(シャフト頭からナットまで約9㎜)閉めこんだ結果、飛べるようになりました。インフィールドが
遅いのでテーブルを飛ばなければAメイン入りは不可能でしたので、成功率9割以上で自信があったので
レース中は迷い無く飛ぶ事に決定しました。
 またレース日も朝からなんか、デフオイルを交換したくなり練習走行1回目をキャンセルしてみたり
1ラウンドをリタイヤして後が無いのにリアアッパーアームを短くしたりとバタバタしてました。




DEX410

バネ左右で違うのが付いてました・・・

と言うわけで今年は4駆もします。昨年から所有はしてましたがトレスレイレースの時だけ走らせたの
「DEX410」を本格始動予定です。

すでに2回目のシェイクダウンは終了。細かいマイナートラブルがちびちび出てますが
ホームコースであるGOJOではいい感じですね。とにかく良く曲がります。
もう少し走りこんでトレスレイレースに望みたいと思います。残念ながらバッテリーは1本しかないので
そんなには走りこめませんが・・・・

DVC00035.jpg

使用OPはトレスレイ製ユニバをセンター、前後ともに装着。フロントのサスピンは曲がったので
ハードタイプに交換してます。デフオイルはフロント7000、リア3000ですね。
OPのダンパーコンバージョン、カーボンシャーシも欲しいけど、4駆面倒臭い病が発病する恐れが
あるので我慢です。

DVC00036.jpg

ESCはGT2.0、サーボは双葉9551、モーターはスピードパッション7.5T(コンペ2)を使ってます。ちなみに写真のモーターは借り物です。新しいモーターが欲しい今日この頃です。コンペ3の6.5か7.5抽選会で当たらないかな・・・バッテリーはヨコモ4600・35Cです。最後に私のでゅらんごは古いタイプなので23.5ミリまでのバッテリーしか載りません。
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。